歯科助手になるためには・・・

歯科助手になるためには・・・

アルバイトやパートの募集冊子などをみるとよく「歯科助手募集」をしている歯医者があります。歯科助手とは先生の助手をして唾液を吸引したり、薬をつくったりする人のことでしょうか。調べてみると歯医者には歯科助手と歯科衛生士という仕事があるみたいですよ。

歯科助手は「歯科医師の助手」でやはり、歯科医師のアシスタントとして側で診療で必要な器具をセッティングしたり、サポートをする人をいいます。他にも受付、患者さんの誘導、衛生指導なども行います。歯科助手になるには、資格は必要ありません。それでも、専門用語や知識などは覚える必要があります。

歯科衛生士になるには国家資格を取得しなければなりません。そのために、最低2年制の専門学校か短大に通う必要があります。歯科衛生士は国家資格を持っているので、歯科助手と違い直接患者さんに治療をすることができます。歯石除去、診療補助、薬物塗布、歯磨き指導などを行います。

歯科衛生士になるには国家資格が必要ですが、歯科助手は資格は必要ないので誰でもなることができます。しかし、大変なのもまた事実です。今では、民間の歯科助手の資格を取得することもできるそうです。国家資格ではなく、あくまで民間の資格です。少しでも勉強をしておくと、働いたときに役立つことは間違いありませんね。
 

    必見!お勧めWEBサイト

  • 体調や個人個人の体質に合わせて辛い症状に対し最適な改善方法を取ってくれる自律神経失調症の鍼治療を考えているなら、脱力感、めまい、急な動悸、頭痛など突発的に悪い症状が発生し日々辛い思いをしている方に是非お勧めの治療です。

Copyright(C) 歯医者になりたい! All Rights Reserved.