インプラントについて

インプラントについて

皆さんは「インプラント」という言葉をご存じですか。ここ何年かでインプラントされる方が増えてきたように思います。

インプラントとは虫歯や歯周病などで、失ってしまった歯の代わりになる「人工歯根」のことです。インプラント治療をすることで、歯の機能を以前と変わらないところまで回復させることができます。つまり、また自分の歯でものを噛むことができるということです。
インプラントまでは入れ歯やブリッジ(両隣の歯を削り土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れること)などで治療していました。入れ歯はお手入れが大変、ブリッジは歯を削ることによって、他の歯への負担が大きくなっていました。

インプラントは、歯を失ってしまった部分にネジを打ち込み、そのネジを土台にして上に人工の歯をつけます。見た目の違和感は全くなく、自然な歯にみえるのも嬉しいですよね。

しかし、インプラント治療をするには歯医者での手術が必要です。また、治療期間も約3ヶ月~1年と長期間になってきます。治療後のメンテナンス(定期検診や歯磨きなど)も必要になってきます。値段も決して安いとは言えません。
それでも、インプラント治療をする方は多いです。人目に触れる前歯などは、やはり自然な歯に見せたいですよね。そんな理由でインプラントを選ぶ方も多いと思います。

    Copyright(C) 歯医者になりたい! All Rights Reserved.