歯軋り(はぎしり)していませんか

歯軋り(はぎしり)していませんか

皆さんは寝ているときに「歯軋り」をしていませんか。もちろん自分では歯軋りをしているかは分かりませんが、他人が聞いたらかなり不愉快な音だそうですよ。言葉で表現するのは難しい…なんとも嫌な音です。

歯軋りには3つのタイプがあります。一般的に歯軋りと呼ばれているのは「ギリギリ」と歯を擦り合わせる歯軋りで、グラインディングと言います。「ググッ」と上下の歯を強く噛み合わせるクレンチング。「カチカチッ」と歯を打ち鳴らすタッピングの3つです。

歯軋りの最大の原因はストレスだと言われています。ストレスを解消するために歯軋りを行うと考えられています。歯軋りをすると、歯が削れたり、割れたりする。歯周病が進行しやすくなる、顎関節症が悪化する可能性がある。睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されるなど…様々な問題点があります。

歯軋りの治療は歯医者で行います。夜寝るときにマウスピースを装着します。マウスピースを装着することで、歯にかかる負担を軽減することができます。マウスピースは歯医者で、大体5000円ぐらいで購入できます(健康保険が適用の場合)。それと同時に最大の原因である、ストレスを軽減させるのも重要なポイントになってきます。

もし、家族に歯軋りを指摘されたり、誰か歯軋りをしている方を見つけたら迷わず歯医者に行ってくださいね。
 

    関連サイトのリンク集

  • 人体のツボを刺激することで、人の本来持つ免疫力を高めて突発性難聴を針で改善してくれる東洋医学のクリニックを探しているなら、50~60代に特に多く見られるこの症状も有効率95%以上の実績を持っているのでお勧めです。

Copyright(C) 歯医者になりたい! All Rights Reserved.