歯医者になるための国家資格

歯医者になるための国家資格

歯医者になるために避けて通れない資格があります。国家資格である、「歯科医師国家試験」です。試験の難易度は年々上がっているみたいです…。以前は80%あった合格率は現在71.1%まで低下しているみたいです。試験を受ける人はしっかりとした勉強が必要です。
受験資格は歯科大学か大学歯学部の正規の課程を修めて卒業した人が受けることができます。試験内容は「臨床上必要な歯科医学及び口腔衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識及び技能」となっています。合格率は先程言った通り…約70%です。

難易度が上がり、合格率が下がる…もちろん一発で合格したいと思いますが、万が一落ちてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。中にはやはり諦めてしまう人もいるみたいです。それでも頑張りたい人は、歯科医師国家試験対策を行っている予備校がいくつもあるみたいです。予備校は有名なところから少人数制のところまで様々です。落ちてしまった人の半数近くは予備校に通いながら次の受験に向けて勉強をしているみたいですよ。あとは、もちろん予備校に通わず自宅で勉強をする方法もあります。

歯科医師の免許を取るとなんと…食品衛生管理者、衛生検査技師、衛生管理者の資格が自動的に付与されます!!

歯科医師になる道のりは長く厳しいですが、ぜひ頑張って試験に合格してくださいね。

    Copyright(C) 歯医者になりたい! All Rights Reserved.